はじめに


おみくじは神社や寺などにお参りに行ったとき多くの人が引いています。このおみくじは古くからあり、占いの一種です。

現代と違って占いが国の未来を左右することもありました。中国の歴史書『三国志』のなかの「魏志倭人伝」には邪馬台国の卑弥呼について「鬼道(占いやまじない)の名人」と記されています。

・・・

古代ではくじによる占いが行われていたと考えられており、平安時代には占いをしたり神様のお告げを伝える巫女は、和歌を用いることが一般的になりました。

室町時代になると、前もって用意していたいくつかの和歌の中からひとつを選び占う「歌占」がうまれました。現在、神社に和歌のおみくじが多いのはこの「歌占」に由来します。

・・・

一方、寺によくある漢詩で書かれたおみくじは江戸時代頃に登場したと考えられており、中国の「天竺霊籤」が日本に伝わり「元三大師みくじ」として広まっていったとされます。

別名「観音みくじ」とよばれましたが、おみくじの内容を全部のせた「みくじ本」が出版され僧侶が解説に使ったり自分で調べることができるようになりました。

・・・

現在では、神社や寺でみくじ筒から番号の書かれたみくじ棒を振り出した後その番号のみくじ紙がもらます。またゆかりのある動物や人形のなかにみくじ紙が入っているものなど多様なものがあります。

当blogでは日本各地のさまざまなおみくじについて収集しています。又、神社や寺に奉納されたおみくじの額・看板についても貴重な文化財として伝えるため発信します。


この記事へのコメント